乳首周りの黒ずみやニキビを解消するためにやるべきこと

見せられないからこそ、乳首の黒ずみやニキビは大きな悩みとなる

乳首を人に見せる機会はあまりないと思いますが、決まった人にしか見られない場所だからこそ黒ずみやニキビといったトラブルに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
顔のニキビなら、「これ、どうしたらいいかな?」と解決策を周りに聞くこともできるかもしれません。しかし乳首を見せることはできませんし、デリケートな場所の悩みなので周りにも相談しにくいですよね。
しかし、乳首の黒ずみやニキビもきちんとケアすることで解消させることができます。

乳首周りの黒ずみの解消法

乳首周りが黒ずんでいる!という女性は意外と多いものです。他の人と比較する機会もそんなにないはずなのですが不思議ですよね。温泉に行ったり、モデルの人と比べてみて「私はなんか黒いのかな」と不安を抱いてしまう人が多いようです。
乳首の周りが黒ずむ原因としては、加齢による衰えと妊娠、出産などでホルモンバランスが変化してしまうことが挙げられます。
乳首周りの黒ずみを解消したい時は、美白クリームを使って優しく保湿をすることをおすすめします。普通のクリームで保湿するだけでも違いますが、美白クリームであればメラニンの生成も抑えることができることと、すでに生成されてしまったメラニンを薄くすることも可能です。そのため黒ずみを効果的に薄くすることが期待できます。
また、搾乳などで黒ずんでしまうこともありますが、そうでない場合は下着などが擦れて黒ずみがひどくなる場合もあります。サイズの合った下着をつけることはもちろん、摩擦によって刺激になりにくい素材のものを選ぶことも大事です。

乳首周りにニキビができたらどうすればいい!?

ニキビは皮脂線が多いところによくできますが、乳首周りも実は皮脂線が密集しているところです。この皮脂線があるからこそ、乳首を乾燥から防いでくれているということもありますが、皮脂が多く出てしまえば乳首周りであってもニキビができることはあるのです。
対策としては、乳首周りを清潔に保つことが第一です。
また、皮脂を過剰に分泌させないようにホルモンバランスを整えることを意識しましょう。
もし乳首周りのニキビが炎症を起こしてしまっている場合は無理に触って悪化してしまったら大変です。炎症を起こしていれば下着で痛みを感じることもあり、さらに下着がすれて症状が悪化することも考えられます。
ニキビの状態がひどい場合は思い切って病院の治療を受けるというのも早く解消する方法の一つです。

早めのケアと予防が大事

乳首周りは非常にデリケートな部分なので、病院で診てもらうというのも躊躇してしまう人は多いと思います。
そうならないためにも、日頃から黒ずみやニキビ対策をしっかりしておいたほうが良いでしょう。
すでに黒ずみやニキビがある人も、悪化しないうちにケアを始めることで解消にかかる時間も大幅にカットすることができます。短時間で治る、ということはありませんが、スキンケアと同じように地道にケアを続けていきましょう。